Panasonicのグリッターにチャイルドシートを載せるには?

皆さん安心してますか?久しぶりに家づくりの話題から離れますケースケです。

子連れママの必需品としてすっかり定着した電動アシスト自転車。来年度から幼稚園に通う娘と妻のために我が家もついに購入しました。

選んだのはPanasonicのグリッター(ブラウン)。クラシカルな雰囲気が特徴的な車種です。フレームが上向きにカーブしていてポップな印象を与えます。私はココがお気に入り。

比較として、同じPanasonicの新しい車種Jコンセプトをご覧ください。

直線的なフレームなのでシャープに見えます。スポーティで、グリッターと比べると男性的です。妻と娘のための自転車なので、可愛いフォルムのグリッターに決めたのでした。

子供乗せ専用車を選ばなかった理由は?

私は、子供乗せ自転車特有のスタイルが好みではありませんでした。車幅がやけに長かったり、フレームが下に垂れ下がっていたり。その方が快適に乗れるのは分かります。でも、私は見た目を優先したのです。ステップクルーズやハイディーツー、ビッケグリなども候補に入りましたが、総合的に考えてグリッターに決めたのでした。

グリッターにチャイルドシートを載せるには?

画像を見てわかる通り、グリッターは子供乗せ自転車ではありません。リアタイプのチャイルドシートを載せるには、リアキャリアに特別な加工する必要があります。特殊な工作機械が必要らしく、それが出来る自転車屋さんはかなり限られています。

私がお世話になったのは立川の自転車屋さんカルマックスタジマさん。電動アシスト自転車のカスタムについて調べると、必ずたどり着くお店です。

http://www.calmax.jp/

本来は子供乗せではないこと、キャリアを加工しないとチャイルドシートを搭載できないことなど多少の不安要素はありますが、カルマックスさんには多くの実績がありますから信頼してお任せしました。気になる方は、カルマックスさんのブログをご覧ください。

https://calmax.exblog.jp/

グリッターをもっとクラシカルに!

そしてこちらが我が家のグリッターです。何点かパーツをカスタマイズしたので、カタログ画像とはちょっと雰囲気が違います。カスタマイズした理由は、もっとクラシカルにしたかったから。

古い自転車は金属パーツがシルバーであることがほとんどです。一方、グリッターはすべてブラックで構成されています。そこで、もっと「らしさ」を引き出すため、ハンドルやシートポストなどを変更することにしました。私がカスタマイズしたのは以下の部品です。

ハンドルステム(ハンドルを支えるバーのこと)そしてブレーキレバー

シートポスト

クランク

リアキャリア両立スタンド

これらの部品をすべてシルバーにしました。カルマックスさん曰く、クランクの交換を依頼されたのは初めてだったそうですが、Panasonicの別車種の修理用交換パーツを発注して対応してくださいました。

本当はカゴも交換したかったのですが、予算の都合上あきらめました。カゴは気に入ったものが見つかったら、交換しようかなと思っています。

チャイルドシートはyeppに決まり!

チャイルドシートを選ぶ時、私はまずOGKを除外しました。値段は手ごろで信頼と実績も抜群なのでしょうが、なんかイヤだった…。街で見かけ過ぎです。

yeppに決めた理由は完全に見た目です。すごくシンプルで、一言で表現すると“薄い”。それが逆に存在感を際立たせています。

素材はcrocsのサンダルと同じ合成樹脂で、ソフトだけどパツンとしていてハリとコシがあります。「シートが裂けて子供が落下」ということはまず考えられないしっかりした素材です。

一見やわに見えますが、ピザの耳みたいなシートの外周に剛性のある太いフレームが入っていてかなりしっかりしています。安心して我が子を預けられますよ。

グリッターのマイナスポイント 〜性能面〜

グリッターに話を戻します。
安心のPanasonic製なので性能に大きな不満はありません。強いて言うなら、アシスト機能がちょっと過敏かなと。

ちょっと過敏なアシスト

いわゆるシティサイクルは、サドルに座ったまま停車し、漕ぎ出しに備えて足はペダルに乗せたままにします。

グリッターのアシストが過敏だと感じたのは、信号待ちの時でした。停車中、ほんのわずかなペダルの踏込みにもアシスト機能が反応するのです。車体がググッと前に持っていかれます。

また、Panasonicのアシスト機能は負荷に応じて強弱をコントロールするという賢さを持っているようで、ギア3での漕ぎ出しは、ちょっと急発進気味になります。Panasonicはギア1での発進を推奨しているそうです。バッテリーの持ちもその方がいいらしい。

ストップアンドゴーが多い街中では少し気になるかもしれません。しかし、慣れれば問題ないかなと、私は思っています。

グリッターのマイナスポイント 〜品質面〜

品質の面で気になったのは、1カ所だけ。それは「サドル」です。

カルマックスさんから新車で引き渡されて、自宅まで乗って帰ると、もうこのシワがついていました。座り心地は悪くないですが、このシワは最悪です。Panasonicさん、改善してください!

これはみっともないのでその内交換します。もうちょっとスマートなのを探そうかなと。

まとめ

グリッターの特徴はクラシカルな雰囲気です。私はその特徴をより引き立たせるため、ハンドルなどの金属パーツをシルバーに変更しました。それほど高額なカスタマイズにはならないのでオススメです。

チャイルドシートは、どこの自転車屋さんでも載せられるわけではありません。特殊な工作機械を使って、キャリアを加工しなければならないからです。私が購入させていただいたカルマックスタジマさんは、とても親切に対応してくださいました。所在地は東京都立川市ですが、大阪など遠方からもオーダーが入るほど信頼を集めてらっしゃいます。迷っている方はまずはメールでご相談してみてください。

アシスト機能のクセやシワのつくサドルなど難点もありますが、さほど大きな問題ではありません。グリッターをご検討中の方、とてもステキな自転車ですので安心してご購入下さい。