ビングルに異常発生!でもピジョンの対応がすばらしかった!

2018年1月25日

2018/01/25追記

昨日、妻にPigeonから電話がかかって来たそうです。その内容は「Bingleの一部製品に前輪の回転不良を起こすものが見つかりました」というものでした。これはまさに我が家の初代Bingleのことです!個体の問題ではなかったんですね〜。初期のロットに見られる症状だそうです。Bingleオーナーの皆様はすぐにシリアル番号を確認し、Pigeonへ電話しましょう。最近買ったものでも、古い在庫だった可能性はあります。お子様の安心安全のためにぜひ!!

シリアル番号の位置はコチラ

Pigeonへの問い合わせ電話番号は0120-208-561


先日、娘が2歳の誕生日を迎えました!本当にあっという間です。一緒に過ごす時間をもっともっと大切にしなければいけないなと、あらためて思いました。

誕生日には、祖父母や妻の妹夫婦たちと一緒にディズニーランドに行ってきたんです。よっぽど楽しかったのか、娘はいまだに「ディズニーランドたのしかったね」といっています。

ディズニーランドにはもちろん愛車ビングルにもお供してもらいました。しかし!なんとそこで異常が発生してしまったのです!!

過去のbingle(ビングル)のエントリーはこちら↓

なんか様子がヘンです…

実は、少し前から自慢の走行性能に陰りが出ていたんですが、早すぎる不調に「イヤイヤ、そんなわけないでしょ」と高をくくっていました。

でも、ディズニーランドで一日中使ってみたら、やっぱりおかしい!前輪の方向転換が追いつかなくて、ザザーッと引きずる様に付いてくるんです。ダメだこりゃ!!

ピジョンさんの神対応!

ってことで、後日ピジョンに電話することになりました。もちろんその前に説明書を確認。タイヤの不良だから、潤滑剤を注せば自分で直せるかなぁと思っていたんです。

説明書を開いてみると、注油についての記述がしっかりされていました。しかし…。

注油警告文

方向転換が利かないので、水平方向の回転部に潤滑剤をプシューッとしたかったんですが、それはダメって書いてある!なんだとー

「もしもし、ビングルがおかしいんです!」

即座に電話をかけました。相談窓口のオペレーターさんはとっても丁寧です。こっちがかしこまっちゃうくらい。ビングルの異常を伝えると、担当の方が折り返してくれることになりました。

折り返してくださった担当の方は男性でした。まずは謝罪から始まり、丁寧にこちらの話しを聞いてくれます。ひと通り話し終えると、予想外の提案が。

工場でチェックしたものを交換品としてお送りさせていただけないでしょうか?

えっ!?そんなつもりではなかったんですが。なにしろ、異常発生からの修理という過程をブログのネタにしようとしていたもので、想定外過ぎました。

一瞬思考停止しましたが、承諾させていただくことに。その時、ピジョンさんのこの対応ぶりをネタにしようと思い直したのでした。

ビングルは、発売されてそれほど経っていません。明らかな異常は早急に検証して情報収集したいのかなと想像しました。万が一リコールになったりしたら大問題になりかねませんから。

顧客にとっても、修理に出して戻ってくるのを待つより、サッサと新品が送られてきた方が圧倒的に嬉しいですよね!顧客、企業双方がwin-winになる妙手だな、と思いました。

ビングルが2台になった日

2代のビングル

交換品はすぐに送られてきました。せっかくなので、比較動画を撮ることに。上がおかしくなってしまった方、下が新しい方です。


 



明らかに回転が違いますね。これは押しにくいはずです。ただ、やっぱり潤滑剤で改善する様な気がしてならない。。

「なぜ、(該当の部分に)潤滑剤を掛けてはいけないのですか?」と担当者さんに聞いたところ、組み上げ時に使用した潤滑剤に別のものが混ざると異常をきたす場合があるから、とおっしゃっていました。そういう専門的なことは分からないので「あ〜、そうなんですね」としか言葉が出てきませんでした。

でも、説明書によると車軸には潤滑剤使ってもいいんですよね。そこには潤滑剤が使われていないのでしょうか?まぜるな危険的な理由以外にも何かありそうな気がしてなりません。もし今度おかしくなったら、プシューッとやってみようかな?もちろん自己責任で。

ちなみに用意してあった潤滑剤はシリコン系のこちらです。